https://support.wix.com/ja/article/google-adsense-を設定する
  • Mr.B

カニューレ交換



昨日は息子のカニューレ交換の練習日。

前回嫁がやったので、今度は俺。

この前交換した時は手術室で交換したが、今回は病室での交換。

息子の病室に外科の先生、救急の先生、看護士さん総勢7人ぐらいが集まった。

初めは笑っていた息子も、只ならぬ空気感に気づき顔がこわばって来た。



今入っているカニューレを抜き、新しいカニューレを入れ変える作業だが、息子は一切カニューレに触れさせてくれない。

手を近づけると手を払いのける。

時間と共に愚図りだし、先生が手を抑え「お父さん今やって下さい!」


一気に泣き出しサチュレーションが下がる。

見る見る顔色が黒くなる。


今あるカニューレを抜き、新しいカニューレを入れた。

その間30秒ほど。


その時点ではもう顔は黒くなり換気が上手く取れていない。

そこで看護師さんが吸引をした。

すると吸引のパイプの中を血が…

それも少しではなくかなりの出血。


その場の空気が緊迫して来た。

サチュレーションモニターと息子の顔色を見ながら、皆の動きが止まる。

俺も、気管に傷を付けてしまったのかと後悔。


その後サチュレーションも戻り、嫁は居ても立っても居られず抱きかかえた。

先生に出血は大丈夫ですかと俺。

これぐらいは大丈夫ですと先生。


先生から、次はお母さんがやってくださいと…


こんな状態でも続けるのか?



嫁)今しないといけませんか?こんなに苦しそうなのに…


先)今しないとまたスケジュールが伸びます


俺)今日ではなく、また日にちを改めても良いんじゃないですか?


先)今日やっておいた方が負担が少ないので


嫁)やりたくありません


先)…



その後手術室に運ばれ、特注カニューレに入れ替えて終了。


かなり緊迫した空気感だった。


嫁とも話したが、命がけで練習する事は無い。と言う結論に達した。


その時がもし来てしまったら、俺たちは命を救うためにやるしかない。


これが出来なければ命が無いのだから。





息子よ、苦しい思いをさせてごめんな。


77回の閲覧

最新記事

すべて表示

今秋の営業について

昨年の秋は消費税増税。 今年の春はコロナによる緊急事態宣言。 やっと今年の秋は営業に出られる! と思えばまだまだ厳しい状況。 それでも、来ても大丈夫です!と言うお店を少し回ってみたが、お互い恐る恐るの営業。 まだ時期尚早と言った感じです。 俺が行く事で断れない。 そんな状況を作っているのでは無いか? 自分も毎日沢山の人に会うので、感染リスクも当然上がる。 もし感染してしまい、気づかずにそこから営業

            Js factory inc. All Rights Reserved.

              有限会社ジェーズファクトリー

神奈川県茅ヶ崎市常磐町5-20   TEL : 0467-88-6001

                    http://www.jsfactory.com