https://support.wix.com/ja/article/google-adsense-を設定する
top of page
  • 執筆者の写真Mr.B

サランラップ事件


高校卒業してすぐだった。

海に入っていると、デカい波にのまれた。

いつもの様にジタバタせず、ただ浮かぶのを待つ。


やっと海面が出て来た。

思いっきり空気を吸おうとした瞬間、こちらに向かってノーズが突進して来た!

避ける間も無く首にノーズが命中!


恐る恐る首を触ると・・・

赤いものが。


とりあえず上がり、近くにいた仲間に首どうなってる?と聞いた。

すると仲間は・・・

あ〜〜〜〜

見ない方がいいよ。

すぐ救急車呼ぶから。


救急車に乗せられ病院へ。

連絡を聞いた親父が病院に来た。

それからすぐ手術室に入れられ何針か縫われた。


後2cmズレてたら死んでたよ。

そう先生に言われたが、大して気にしていなかった!


家で親父にこっぴどく怒られたが、そんな事より明日の波が気になる。

朝家を出る時にサランラップを台所からくすめ海に向かった。

仲間達は心配そうだったが、俺はサランラップ持って来たから大丈夫!

真空パック!


そう言って首にサランラップを何重にも巻いて海に入った。

上がってくると真空パックは意味が無く、傷口は海水でびしょびしょ。


それから数日後、またサランラップが無くなったので台所からクスめた。

その夜お袋が「最近サランラップが無くなるんだけど知らない?」

そう聞かれた。


俺は知らぬ存ぜぬでシラを切った。

後から知ったが、バレていたらしい。


縫った次の日から海に入ったお陰で、傷はなかなか治らず大変な思いをした。

傷口にサランラップは意味がない。

良い子は真似しないように。

閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page