https://support.wix.com/ja/article/google-adsense-を設定する
top of page
  • 執筆者の写真Mr.B

サーファー幽霊



この前仲間数人と貸切サーフィン!

たったの5人。


一人乗ったらまた一人とウェーブプールのように交代で波に乗る最高な時間。

もうだいぶ日も暮れてきたので、先に上がるよと伝え自分一人上がった。


海から浜辺を5分ほど歩いて駐車場に着く。

歩きながら、たまに海を見る。


すると三人が上がって来た。

俺が上がったから、気を使って上がって来たのかと思い何度も振り返りその三人を見ていた。


また少し歩いてはまた後ろを振り返った。

三人は楽しそうに歩いてくる。


ふと沖の海へと目をやると、波待ちしている二人が見えた。

だいぶ体も冷えてきた頃、駐車場に到着。


着替えていると一人上がって来た。

俺が「後の二人は?」と聞くと「俺だけですよ」と言った。

俺は「三人で歩いて来てたじゃん!」


「…俺だけです。

だから何度も振り返っていたんですか…」


確かに変だ。

三人で歩いて来ていたのに沖に二人いた。

完全に数が合わない。


でも楽しそうに歩いて来たので、いい幽霊に違いない!

幽霊なのにウェット着てサーフボードまで持ってたよ!

あんな幽霊初めてみた。

閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page