https://support.wix.com/ja/article/google-adsense-を設定する
top of page
  • 執筆者の写真Mr.B

シェイパーと型紙職人



サーフィンで大切な物と言えばサーフボードとウェットスーツ。

どちらが無くてもサーフィンは出来ない。


サーフボードとウェットスーツは似ている。

サーフボードはシェイパーが居て、削る技術でボードの性能が変わる。

ウェットスーツも型紙職人がいて、型紙の良し悪しで着心地が変わる。


世間ではシェイパーは重要視されるが、意外と型紙職人は知られていない。

自分は型紙を35年以上切り続けている。

切った型紙の数は5万着を超えている。


その数万着切る中で、少しずつ微調整を繰り返し、最高の着心地を追求して来た。

うちの会社は、BGZの他にOEMも受け付けている。

過去にはパタゴニアさんやリップカールさんも作って来た。


OEMのメーカーさんは、ここをこうして欲しい、こんなスーツが欲しい、金額はこれくらいでと要望を言ってくる。

それに答えるのも俺の仕事。


俺は毎日型紙を、お客さんのサイズで切っている。

100着オーダーが来れば100枚だ。

体型を頭で想像しながら、ここを少し削り、ここを少し出す。

このサイズは計り間違だな。

そんな職人の勘で、毎日型紙を切っている。


なのでこの技術を安売りする訳には行かない。

閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page