https://support.wix.com/ja/article/google-adsense-を設定する
  • Mr.B

ブランディング




BGZを立上げて25年。

創業当時は全くの無名ブランド。

0からのスタートなので、ブランドとしてのカラーも全く無い。

そこで考えた。

BGZはどんなサーファーに着て欲しいか?


自分が始めた当時はまだ景気も良く、コンビニの様にサーフショップがあり、スポーツ量販店も元気があった。

メーカーの方針も広く浅く幅広く。

利益追及主義の様に感じた。

ウェットメーカーも100社を超えるブランド数。

あらゆるブランドが乱立していた。


そんな中でBGZらしさとは…

やはり地域地域に居る、一目置かれるカリスマサーファーに着てもらいたい。

そう思っていた。

日本全国を旅し、地域、ポイントを守っているコアなお店に照準を合わせて営業開始!

そんなお店は俺みたいな一見さん相手にしてくれるはずもなく、中々取扱までは厳しかった。

それでも根気強く説得。

何年も通って少しずつ門が開かれた。


少しずつTEAM-BGZも一人、二人と増えだし、やっとブランドとしてスタートラインに立てた気がした。

この頃からショップさんともコミュニケーションが取れだし、BGZに合うライダーを紹介して貰ったりした。

これがブランディングの始まりである。


少しずつビジネスとしても軌道に乗りつつある時に、仲間からコアな路線じゃ無くもっと一般サーファーにアピールした方が良いんじゃないか?とアドバイスされる。

その理由は簡単、数字である。

一般層が一番お金を落としてくれる層。

そこをターゲットにすれば自ずと売上げも伸びる。


しかし俺はそこには興味が無かった。

数字よりも、着ているサーファーが胸を張って誇れるブランドにしたかった。

よりコアな路線へ、よりブランドイメージをハードコアへ舵を切った。


取扱店も、有名なポイントを守る地域のサーフショップ。

そこに集まるサーファーもツワモノ揃い。

そんなツワモノ揃いのチームに少しずつBGZウイルスをまいていった。

一緒に飲みながら俺の考えを熱く伝える。


気がつくと吸い寄せられるようにBGZに集まって来た。

ありがたい事です。

ここまで来るのに25年。

ブランディングはすぐ結果が出るものじゃ無い。

何年も何十年もかけてブランドイメージを育てていかなければ行けない。

ブレたら終わり。

一気に人が去って行く。


だから俺は、このブランディングをやり続ける。

BGZは知る人ぞ知るブランドで良いのだ。

その為に商品には一切の妥協なし!

安心してデカい波にチャージ出来る道具を提供する。

それが俺の使命。


応援してくれているすべての人へ。

感謝。


I want a real surfer to wear it.

460回の閲覧

            Js factory inc. All Rights Reserved.

              有限会社ジェーズファクトリー

神奈川県茅ヶ崎市常磐町5-20   TEL : 0467-88-6001

                    http://www.jsfactory.com