https://support.wix.com/ja/article/google-adsense-を設定する
top of page
  • 執筆者の写真Mr.B

因果応報


あるところに、お釈迦様が多くの人達から尊敬される姿を見てひがんでいる男がいました。

「どうして、あんな男がみんなの尊敬を集めるのだ。いまいましい」 そこで男は散歩のルートで待ち伏せして、群集の中で口汚くお釈迦様をののしってやることにしました。 「お釈迦の野郎、きっと俺に悪口を言われたら汚い言葉で言い返してくるだろう。その様子を人々が見たらあいつの人気なんてアッという間に崩れるに違いない」 そしてその日が来ました。 男はお釈迦様の前に立ちはだかってひどい言葉を投げかけます。 お釈迦様は、ただ黙ってその男の言葉を聞いておられました。 弟子たちは悔しい気持ちで、「あんなひどい事を言わせておいていいのですか?」とお釈迦様に尋ねました。 それでもお釈迦様は一言も言い返すことなく、黙ってその男の悪態を聞いていました。 男は一方的にお釈迦様の悪口を言い続けて疲れたのか、しばらく後その場にへたりこんでしまいました。 どんな悪口を言っても、お釈迦様は一言も言い返さないので、なんだか虚しくなってしまったのです。 その様子を見て、お釈迦様は静かにその男にたずねました。 「もし他人に贈り物をしようとして、その相手が受け取らなかった時、その贈り物は一体誰のモノだろうか」 こう聞かれた男は、突っぱねるように言いました。 「そりゃ〜言うまでもない。相手が受け取らなかったら贈ろうとした者のものだろう。わかりきったことを聞くな」 男はそう答えてからすぐに「あっ」と気づきました。 お釈迦様は静かにこう続けられました。 「今あなたは私のことをひどくののしった。でも私はそのののしりを少しも受け取らなかった。だからあなたが言った事は全て、あなたが受け取る事になるんだよ」


閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page