https://support.wix.com/ja/article/google-adsense-を設定する
 
  • Mr.B

世界緊急放送システム(EBS)

更新日:8月10日



アメリカの米連邦緊急事態管理局(Federal Emergency Management Agency)が今週、緊急放送のアラートシステムのテストを行うそうです。


本番に向けてのテスト?

日本はどんな影響があるかは不明。


テストと言いながらいきなり本番もあり得るような、今回は重々しい情報の出方。

あるかもしれない、ないかもしれない。

軍事機密なので誰にも分からない!

ただ言えるのは、いつかは有ると言う事。


緊急放送の流れは、まず中国の三峡ダムが崩壊し(崩壊寸前)株価が大暴落すると発動すると言われている。

三峡ダムの崩壊は中国が情報統制しているので、日本のニュースには出て来ないが、日経平均株価の大暴落が分かりやすい。

株価の動向を注視して下さい。


何故中国の三峡ダムの崩壊が緊急放送に繋がるかと言うと、あのダムの地下には世界最大の悪の施設があるとされている、それを崩壊させると株価が大暴落するそうだ。

世界最大のビットコインサーバーと核施設。


日本のテレビでは全く放映されないが、世界は爆発寸前。

国民は真実に気づき、世界各国でデモが起きている。



世界の国民は嘘しか言わない、政府・マスメディア・コロナ・ワクチンにもうウンザリなんです。

日本は平和ボケし過ぎ。

真実を知ってから慌てても遅いですよ。

情報は探せば平等に得ることが出来ますから。

テレビの情報だけを信じて来た人は、残念ですが大きなショックを受けます。



我が家は緊急放送に向け備蓄。

これが一番大事。


緊急放送のおさらい

8時間×3回=24時間の暴露VTRが12日間テレビより放映される。

その間社会は停止状態。

家にいる事になるでしょう。


その為の食料の備蓄。

現金(ATMは使えない)

ガソリン満タン。

最低これぐらいは準備しておいた方が良いでしょうね。


この12日間の間に、表の人間を大量逮捕します。

裏の人間は逮捕済。

日本も放送後はだいぶ居なくなっている事でしょう。


【追加情報】


米国防総省は世界のメディアCEOに対し、最終通告を配信した模様。

2020米大統領選の真実を報道するよう8.9に配信。

回答期限は8.11

真実の報道を拒否した場合、国家反逆罪として逮捕。

そして、世界同時緊急放送システムを起動させると警告!

896回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示